枕の中素材比較表(テスト)

枕に使われる中材の(物性)適正比較表

枕に頭を乗せた時のほど良い感触と絶妙な流動性、高さの支持性を追求して作られているのがドクターエルが開発したパイプストロネです。
ドクターエルが開発した枕専用パイプストロネの物性と一般的に使われている枕の中材の違いをまとめています。

素材名 パイプ ワタ
(木綿)
そば殻 ウール
(球状)
低反発 高反発 ダウンフェザー 化繊ワタ ヒノキチップ チップ低反発 ラテックス
一般パイプ ストロネ
物性 通気性
(空気の循環)
× ×
洗濯の可否
(洗えるか否か)
× × ×
ソフト感
(当りの柔らかさ)
× ×
弾力性
(弾みについて)
× × ×
支持性
(高さを保つ)
清潔・衛生面
(汚れがつきにくい)
× × × × × ×
耐久性
(長く使用可)
×
素材の流れ
(頭を乗せた時の動き)
× × × × × × × ×
フィット感
(頭の形状に合う)
音が静か
(頭を乗せた時の音)
×
匂いがない
(素材の匂い)
×
小分けの可否
(高さ調整のため)
× × × × ×

ドクターエル社 調べ