ストレートネックってなに?!改善するには?簡単ストレッチ法も解説

タグ

寝起きの女性

こんな症状ありませんか?

『首こりや肩こり、背中が常に張っている』

『よく頭痛になる』

『首を動かすこと自体が苦痛に感じる』

もしあなたがこんな症状で悩みを抱えているのならば、
それは、ストレートネックが原因かもしれません。

ストレートネックとはどんな症状?そしてどんな状態のことを指すのでしょうか。

今回はストレートネックの基本情報から改善策、簡単ストレッチ方法をご紹介します。

 

ストレートネックとは?

ストレートネックは最近だとテレビや雑誌でも予防法や対策などの特集を組まれており、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ストレートネックとはその名の通り、まっすぐの首という意味です。

最近よく聞くようになった"スマホ首"も、ストレートネックの事です。

ちなみに、ストレートネックは病名ではありません。

では画像を交えてもっと詳しく解説していきますので下記をご覧ください。

 

正常な首とストレートネックの違い

 

こちらは正常の首とストレートネックの首を比べたものになります。

このイラストを見ると、正常の首はカーブを描いているのに対し、ストレートネックの首はまっすぐになっていますよね。

実は、首がカーブを描いているのには理由があるのです。
それは、常に頭からくる重力を分散させるためだと言われております。

しかし、ストレートネックは、本来カーブを描いているはずの頚椎がまっすぐになっているので、頭からの重力を分散することができずに、直に重力を受けてしまっています。

そのため、首周りの筋肉や神経が圧迫されることで、首や肩に張りや凝りを感じたり、首を動かすと違和感を感じてしまうのです。

最初は少し気になる程度かもしれませんが、放っておくと少し動かしただけでも苦痛に感じるまで悪化する危険があります。

 

ではなぜストレートネックになってしまうのでしょうか?

 

ストレートネックは現代の生活習慣が原因?

ストレートネックは言わば現代病です。

その大きな原因が、スマホやゲーム、パソコンを操作している時の姿勢です。

気がつくと、こんな姿勢になっていませんか?

 

ぎっくり首

 

これはスマホの画面に顔を近づけている様子をイラストにしたものですが、首から上が前傾していますよね。

また、パソコン操作でも同じように、背中が丸まり、アゴが突き出し前傾していませんか?

このような状態を長い間続けることで、頚椎のカーブが失われてしまうのです。

 

ストレートネックの治療について

ストレートネックには確立した治療法がありません

ストレートネックの原因と症状について

ストレートネックは治療が難しいと言われております。

それは、前述したようにストレートネックになってしまう原因が生活習慣にあるからです。

今までどおりの生活習慣を続けている状態で治療を施したところで、根本的な完治には至らないのです。

それでは、改善するためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

ストレートネックを改善するためには日常からの姿勢を意識することが大切

運動する女性

ストレートネックを改善するためには、日頃の生活習慣で身についた癖を治すことが第一条件です。

スマホやパソコンを操作している時、テレビを見ている時の姿勢など、普段から意識することが大切です。

もちろん、ストレートネックにはストレッチも有効です。

オフィスや自宅、外出先でも、簡単にできる効果的なストレッチを2つご紹介します。

 

ストレッチの方法

・アゴを押すストレッチ

アゴを押すストレッチ方法

1.姿勢を正した状態で行います。
2.人差し指と中指をアゴに当て、そのまま後ろにぐぐっと押します。
3.顔が下を向かないように気をつけてください。

 

・タオルで矯正ストレッチ

タオルで矯正ストレッチ方法

1.タオルを丸めます。
2.丸めたタオルを首元に置き、仰向けに寝そべります。
3.この状態を5分~10分間キープしましょう。

 

枕を変えるだけでも効果アリ

ねるぐ

ストレートネックのストレッチを行っても肩こりや首こりなどがある方は枕を変えてみてはいかがでしょうか?
枕が原因で首の痛みが取れないという方も数多くいらっしゃいます。
実際、当社にも同じ悩みを抱えている方からたくさんお問い合わせをいただいています。

そこでオススメしているのが、当社が開発した枕【ねるぐ】です。

ねるぐは首の押し上げ感がないことと首の高さに自然とフィットするように作られています。

誰が使っても自分の首の高さと形状に合うので朝までぐっすり眠ることが可能です。疲れが取れないことが原因でお悩みの方にピッタリですので気になった方はぜひご覧ください。
ねるぐ枕の機能について詳しくはコチラ

◆ねるぐは、医師から推薦の声をいただいております◆

バナー:医師からの推薦の声

◆メディア掲載情報◆

バナー:メディア掲載情報” src=

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ストレートネックになってしまったら、改善させるために日頃の姿勢を見直すことが大切です。

そして毎日の睡眠中でも首をしっかりサポートしてくれる枕を使用することが有効です。

この記事を読んでいただき、少しでもお役に立てたなら幸いです。

また、ドクターエルでは健康に関する情報をたくさん更新しておりますので是非ご覧ください。

 

公開日:2018年4月4日 更新日:2020年1月24日

 

 

The following two tabs change content below.

船戸川 宏行

代表取締役株式会社ドクターエル
株式会社ドクターエルの経営者。 自身が開発者でもある。 生体力学(バイオメカニクス)を応用した、身体の骨格を整えることで自然治癒力高める商品開発をコンセプトとし、これまでに数多くの商品を世に送り出している。 過去にTV番組出演や、DeNA、第一生命といった大手会社で講演会を行った経験がある。

ねるぐについてお問い合わせはこちら

ページトップへ

フリーダイヤル:0120-460-361 受付:平日9時~17時

メールでのお問い合わせはこちら