熟睡したいならこれ!枕に一滴たらすだけでよく眠れるおすすめのアロマ

タグ

気持ちよく目覚める

こんな経験はありませんか?

『目覚めたときから、疲れが取れていなくてボーっとしている』
『日中眠気に襲われる』
『集中力や判断力が落ちている』

 

もしあなたがこの様なお悩みを抱えているのならば、それは熟睡できていない事が原因かもしれません。

今回の記事では熟睡とはどんな状態なのかということと、心も体もリラックス状態でぐっすり眠れるおすすめの方法を解説していきます。

 

熟睡とはどんな状態?

横向き寝の女性

そもそも熟睡とはどういった状態なのかをお話していきましょう。
熟睡とは深い眠りを取れているということで、脳がしっかり休んでいることを指します。

また深い眠りによって分泌される成長ホルモンが、細胞を修復する役割があります。

なので、逆に疲れが取れていない方は浅い眠りの状態が続いている事から、脳がしっかりと休まっていないことが影響して、日中の活動に支障をきたしているのではないでしょうか?

また、こちらの『熟睡できない!睡眠時間サイクルを理解して朝までぐっすり眠ろう』ページではより詳しく睡眠時間サイクルについて説明しています。

 

熟睡できると日中のパフォーマンスが向上

腕を組む女性

質の良い睡眠で心身ともに疲れをとる事ができます。
それにより、記憶力の回復や、やる気が出たり眠気に悩まされにくくなります。

また、質の良い睡眠により肌荒れの改善など、外見にもその効果は現れてくるでしょう。

 

ぐっすり眠るためのおすすめアイテム

横向き寝の女性

目を閉じて『早く寝ないと!』と、考えれば考えるほど眠れないものですよね。
焦るとうまくいかないのと同じように、逆に眠れなくなってしまうものです。

そのために、ぐっすり眠るためには、リラックスのできる環境を整えてあげましょう。

 

リラックスできるCDを流す

就寝時に波の音や川のせせらぎ、鳥のさえずりなどの自然音にはリラックス効果があります。就寝時以外にも何か集中したい時に流すと効果的です。

 

アイマスクや耳栓をする

光を遮断するためのアイマスクは鉄板ですね。
また、前述でCDを流すとありましたが、耳栓で音を遮断するのも無の状態になりやすい環境を作れるので熟睡には効果的です。

 

セロトニンを増やす食品を摂取する

セロトニンを増やす

何かを用意するのが難しい人におすすめなのが、質のいい睡眠がとれる成分を食事に取り入れる方法です。

質の良い睡眠に欠かせない脳内物質として有名なのが『セロトニン』
このセロトニンは『トリプトファン』という物質が体内に入ることで変化します。

そのためセロトニンの原料であるトリプトファンが豊富に含まれている食品は質の良い睡眠を促す効果を発揮してくれるのでおすすめです。

 

乳製品

入眠前のホットミルクが熟睡には効果的なのは有名ですね。
牛乳は消化が良いので内臓の負担にもならないのでおすすめです。

 

大豆製品

日本の食卓には欠かせない大豆製品にもトリプトファンは含まれています。
その中でも調理の手間がなくおすすめなのが豆乳です。
就寝前に摂取する場合は、砂糖類が入っていないものがおすすめ!

 

ナッツ類

ナッツには様々な栄養成分が含まれており、トリプトファンも豊富に含まれています。
また美容面でも欠かせない食品ですね。
ただし、栄養価が高い分、摂りすぎは肥満の原因になってしまうので気をつけましょう。
1日ひとつかみ程度が適量です。

 

バナナ

どこでも手に入るフルーツの王様ですね。
バナナにはビタミンB6が豊富に含まれているのですが、牛乳などのトリプトファンが豊富に含まれている食品と組み合わせて摂取することでセロトニン発生を更に促してくれます。
牛乳や豆乳のバナナジュースなどがお手軽に摂取できるのでおすすめです。

 

アロマオイルの効果

アロマオイルの効果

熟睡するためにはアロマも効果的です。
フランスでアロマオイルは医療としても扱われています。

日本の医療機関でもアロマセラピーとして扱われるくらい脳への働きが認められています。

人は睡眠中にも脳が香りに反応するので、 脳や身体をリラックスさせ、更にはセロトニンの分泌を促す力があるアロマは非常に有効です。

 

ラベンダー

ストレスや不安感を鎮静し、リラックスさせる効果

 

ベルガモット

ストレスや不安感を鎮静し、気持ちを和らげる効果

 

カモミール

ストレスや怒り、不安感を鎮静し、和らげる
熟睡をサポートするアロマオイルとして人気がある。

 

クラリセージ

緊張、混乱をほぐす効果

 

このように、種類によって様々な効果があるので、この際に是非試してみてはいかがでしょうか。

 

使用方法

アロマオイルをスポイトで吸い取り、枕に1滴垂らす。
アロマディフューザーを使ったり、ハンカチやティッシュに垂らして枕元に置くのも効果的ですが、枕に垂らすことで近い距離から香りが伝わるので脳に刺激が伝わりやすくなります。

※アロマポットはキャンドル(火)を使用するため、安全性を考えると睡眠中には適しません。

 

使用上の注意

枕にアロマオイルを垂らす唯一のデメリットがシミです。
できるだけ洗濯機で丸洗いのできる枕を使ってください。

また、アロマオイルは肌に刺激を与えるものもありますので、枕カバーやタオルを被せたりして皮膚に直接触れないようにしてください。

 

丸洗いができる枕がおすすめ

枕

アロマや自然音、そしてセロトニンなど ここまでいろいろと書いてきましたが、熟睡できる環境が整っていても、寝具が清潔でなくては元も子もないですよね。

私たちが一晩寝ている間に約200ccもの汗をかいています。200ccだとコップ1杯分です。

たった一晩でそんなに汗をかくのですから、特に汗をかきやすい頭を支える枕は丸洗いできないと衛生的ではありません。

シーツや掛け布団はもちろんですが、汗をかきやすい頭部を支える枕も、清潔に使っていただくこともぐっすり眠れる秘訣の一つです。

 

いかがでしたか?

今回は、ドクターエルがおすすめの熟睡方法を紹介しました。
なかでもアロマオイルは医療機関でも使われるくらい心身ともにリラックスできるのでおすすめです。

最近では手に入りやすく、雑貨屋さんやドラックストアでも購入できます。
しかし、なかにはアロマオイルと言っても名前ばかりのものも多いので気を付けてください。

今回おすすめした効果があるオイルはキャリアオイルと呼ばれるものです。
きちんとしたキャリアオイルには原産国、成分の抽出方法、学名がきちんと記載されています。

逆におすすめできないのはきちんとした表記がない物や安価すぎるものです。
これらのオイルは色々な成分を配合して似た香りにしてる可能性があるのでお気を付けください。

また、まくらに使用する時はきちんと洗濯できるものを使用してくださいね。

ドクターエルが販売する快眠枕ねるぐは通気性の良い中材を使用しているため枕の丸洗いが可能です。
しかも、熟睡するための機能がたくさん!
良かったら参考にしてみてください。
朝まで理想の高さで眠れる快眠枕ねるぐ

 

 

ねるぐについてお問い合わせはこちら

ページトップへ

フリーダイヤル:0120-460-361 受付:平日9時~17時

メールでのお問い合わせはこちら