内部構造が決め手!肩こり解消には枕の高さと構造に注目してみよう

タグ

横向き寝の女性

朝起きると肩こりが酷くてつらい

枕を買い替えたら体調がよくなるかと思ったのに、そうでもない

肩こり解消グッズを色々使ってみたが、どれも効果がない

こんなお悩みはありませんか?

肩こりには様々な原因があると言われています。
その中でも、自身の高さに合わない枕を使っていることが肩こりにつながってしまっているかもしれません。

 

肩こりの原因とは?

いまや日本人の大半が肩こりを解消できずに悩んでいると言われているほど多い症状です。

そもそも肩こりとはどうしておきるのでしょうか?

肩こりの原因は主に首から肩まで繋がっている僧帽筋という筋肉と、その外側を覆っている肩甲拳筋という筋肉が緊張してしまうことで起きてしまいます。

僧帽筋と肩甲挙筋の説明

この僧帽筋と肩甲拳筋は頭の重力を支える役割を持っているのですが、普段の姿勢ならともかく、デスクワークや家事などの姿勢を悪くしている体勢を続けていることで、筋肉が緊張してしまい、それが肩こりになってしまうのです。

また学者の中でも、ストレスが肩こりの原因になるのではないかとの見解を示している方もいるそうです。

そのなかで、肩こりの原因の中で最近増えているといわれているのが、睡眠による肩こりの悩みです。

ではなぜ睡眠中に肩こりになりやすいのでしょうか?

先程の説明では、頭からの重力だとお話しましたが、実は、睡眠時の寝具などにも肩こりの原因になっていたのです。
特に今回は、肩こり解消と枕の関係についてお話します。

 

枕はこんなにスゴイ!役割について

気持ちよく目覚める

枕が睡眠に影響する働きは近年学者の中でも非常に注目が集まっています。

体への関係性は以下のような役割があります。

  • 頭部を支えることで頭や首にかかる重力を逃がす
  • 骨格や筋肉をほぐす役割がある寝返りを促す
  • 睡眠サイクルを整える

単純に頭を支えるものだけではなく、体に様々なメリットをもたらせてくれるのです。
でも、そんな体に重要な役割を持っているのに肩こりが解消できずに悩まされるのは何がいけないのでしょうか?

 

枕が原因で肩こりになってしまう理由

疲れている女性

一般的には、仰向けでの首の高さが合わないことにより肩こりの原因になっていると考えられております。

理由は、ご自身の首に合わない枕を使っているからです。頭の位置が傾いた状態になり、筋肉が硬直してしまいます。

自分に合わない、もしくは間違った寝具の選び方をしていると、いつになっても肩こりを解消できません。
この機会に枕を見直してみませんか?

 

枕が柔らかすぎる

例えると、ホテルなどでも多く採用されている寝具みたいなものです。
ホテルの寝具は枕も含め『柔らかくて気持ちよさそう』って思ったことありませんか?

しかし、それは体にとって負担になっています。
柔らかすぎる枕は、頭を乗せると沈み込みすぎてしまい、頭部を支えきれていないのです。

そのため、就寝中に頸椎周りの筋肉が常に力が入っている状態になります。その状態が就寝中、ずっと続くことで筋肉が緊張し、肩こりの原因になってしまうのです。

 

枕が低すぎる

柔らかすぎる枕と理論が同じように、低すぎるのもよくありません。

低すぎるのも、頭部が下がってしまい首元の筋肉が縮んだ状態になっています。
筋肉が緊張してしまい肩こりが発症してしまう原因となってしまいます。

 

枕が高すぎる

頭部を乗せたときに僧帽筋が伸びてしまう状態が続いてしまう。

筋肉が縮んだり伸びたりしている状態が続くのは筋肉が緊張してしまいます。
前述したように、低すぎても高すぎるても肩こりになってしまいます。

あなたは当てはまっていましたか?
このような寝具を使い続けているといつになっても肩こりが解消できません。

次は、どのような寝具を選んだらいいのか紹介しますね。

 

肩こりを解消する理想的な枕の高さ

仰向け

仰向けの首の高さ

仰向けになったときにできる頭部から首元の間の空間を埋められる高さ

 

横向き

肩の厚み程度の高さ

 

ひとりひとり、理想的な高さは違います。

例えば、『Aさんにはこの枕の高さがぴったりだったけどBさんには合わなかった』といったように、それぞれ頭の形や首の長さ、肩幅などによって理想的な高さは違ってくるのです。

 

また、頭部だけではなく首元も支えられるようなものでなくてはなりません。

いくら仰向けの状態がフィットしてようと、睡眠中は寝返りをするので、必ず横向きになります。

寝返りをしたとき、横向きの高さが合わなくて首に負担がかかっていたら、肩こりや体の不調を解消できません。

 

寝姿勢に合わせて首の高さを考慮した一般的な枕の内部構造

一般的な枕の仕切り

寝具業界では仰向けで寝た時と、横向きで寝た時の高さが違うことを想定して枕を作っています。
中の構造は仕切りで区切ることで、違う高さを表現した枕が主流になっております。

内部構造のイメージが上記のイラストです。
このイラストは主にオーダー枕が多く、購入者の首や頭部のサイズを計測してから調整するので、首元にピッタリ合った枕ができるのです。

しかし、この状態で寝返りはスムーズに行えるのでしょうか?

 

実は一般的な内部構造には高さを調節するあまりに欠点があったのです。

原因は内部の仕切りにありました。

内部仕切りの図

これは、一般的な内部仕切りの枕を使用して寝返りをした時のイラストです。
一般的な仕切りでは、仰向け寝から横向き寝へ移動する際のスロープに段差が出来てしまっています。

これだと、スムーズに寝返りが打てません。

睡眠が浅いとスムーズに寝返りを打つことがでないばかりか、睡眠を妨げてしまう原因にもなってしまいます。

オーダー枕を購入して失敗してしまったなんて方に多いのがこの悩みです。

でも安心してください。

首の高さは自然調節、肩の高さは自由に調整できる。そして、寝返りで眠りを妨げない枕もあるんです。

 

肩こりなど体の不調を解消するためにはこんな内部構造の枕がおすすめ

肩こりや体の不調を改善する枕の構造

上記のイラストは、スムーズに寝返りができて、更に首を自然に調節ができる内部構造です。

一般的な内部構造と比べていただくとわかるかと思うのですが、完全に仕切られていません。

スムーズに寝返りが打てるだけでなく、どの寝姿勢でも自分に合う首の高さなので肩こり解消にぴったりです。

これが、ドクターエルが開発した快眠枕ねるぐです。

従来の枕とは違う点

  • 従来とは全く違う、内部を斜めで仕切ることで自然で立体的な形を再現(特許取得) 熟睡時の寝返りを邪魔をしない
  • 仰向け寝、横向き寝、うつ伏せ寝と、どんな睡眠姿勢にもフィットできる
  • パイプを出し入れすることで細かな調整も可能!ユニットが一体型になっているから楽に出し入れできる
  • 洗濯機で丸洗いできるのでいつでも清潔に使える

いかがでしたか?

枕と言ってもどれでも同じではなく、構造や快適な睡眠時間を過ごしていただくために研究して作られています。
睡眠中の寝返りは日中に酷使して歪んだ体の骨格を矯正する力があります。

自分の首の高さに合わないと、快眠どころか肩こりや様々な不調に悩まされてしまうのです。

ドクターエルでは寝返りの重要性と首の高さに注目し、枕の開発しています。

良かったら快眠枕ねるぐについてもご覧になってみてください。
特許取得!首の高さが自然に調節されてスムーズに寝返りが打てる枕ねるぐ

 

 

ねるぐについてお問い合わせはこちら

ページトップへ

フリーダイヤル:0120-460-361 受付:平日9時~17時

メールでのお問い合わせはこちら